高浜コンパクトシティ

高浜コンパクトシティとは?

 コンパクトシティとは?

コンパクトなまちづくり人口減少社会への突入や少子化、超高齢化が進む日本では、多くの市町村で同じような“まち(住宅地・商業地)”の拡散と中心地の空洞化が大きな問題となっています。コンパクトシティでは、既存の資源(建物・土地)を利用し、拡散型の整備を変えて、 “まち”を劣化させない力をつけていくことを目的としています。

さらに、必要な機能を集約させ管理コストを削減していきます。県内でも福井市や越前市で取り組まれており、将来の安心・持続可能なまちづくりのために必要な手法です。

 

高浜町の課題

高浜町の課題 高浜町でも、この10年で事代・塩土・中町・大西区などで人口減少率は特に高く、空き家も目立ってきました。また、高浜病院を核とする地域医療の再生、防災力の向上などが新たな課題となっています。

 

高浜コンパクトシティでは

多様化した高浜町の課題の解決に向け、まちづくりを進めていきます。

高浜の歴史と文化が色濃く残る“高浜らしさ”を活かした暮らし方を提案します。

高浜コンパクトシティ

 

※「用語解説」についてのお問い合わせ先


お問い合わせ先

建設整備課
電話番号:0770-72-7702 FAX:0770-72-4000
メールアドレス:kensetu@town.takahama.fukui.jp