エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

キーワードから探す

検索のしかた

平成30年度の高浜町のごみ処理量について

更新日:2019年6月3日

ごみ処理の状況についてお知らせします。

1,総排出量 「5,380トン」(前年度は5,255 トン。125トン(2.32%)の増)

その内、

・一般廃棄物(家庭から出されたごみ) 4,706トン(前年度4,535 トン。133トンの増)
・産業廃棄物(事業活動に伴い出されたごみ) 674トン(前年度804 トン。8トンの減)
前年度に比べ、家庭から出されたごみは増加し産業廃棄物は減少しています。

内訳は以下のとおりです。

(内 訳)
可燃ごみ(緑)
3,853トン
カン類(透明)
88トン
不燃ごみ(黄色)
111トン
ビン類(茶色)
65トン
ペットボトル(ピンク)
38トン
紙類(新聞・古紙チラシ・ダンボール)(青) 194トン
紙製包装用紙(その他紙)(オレンジ)
21トン
プラスチック製包装容器(その他プラ)(紫)
45トン
乾電池・蛍光灯
1トン
粗大ゴミ
290トン
廃食料油
1,004リットル

2,再資源化(リサイクル)量 「539トン」(前年度は529トン。10トン(1.85%)の増)
・ごみの総排出量が前年度より増加し、リサイクル率も上がりました。
内訳は以下のとおりです。

(内 訳)
缶・鉄類
151トン
ビン類
54トン
紙類
255トン
ペットボトル
38トン
その他プラ(プラスチック製包装容器) 22トン
発泡スチロール
7トン
硬質プラスチック
5トン
乾電池・蛍光灯
7トン
廃食料油
1,004リットル
(前年度の残量の持越しにより、リサイクル量が排出量を上回っている場合があります。)

3,資源ごみの引き渡し先(2の再資源化ごみの処理先)
分別されて出された資源ごみの引き渡し事業者は以下のとおりです。

〇缶類、鉄類、紙類、発泡スチロール 株式会社中村商店 高浜町宮崎90-17-1
〇ペットボトル(※) 大島産業株式会社 福井市渕3-2801
〇ビン類 東洋カレット株式会社 滋賀県湖南市岩根136-82
〇プラスチック類 福井環境事業株式会社 福井市二日市町19-8
〇乾電池・蛍光灯 野村興産株式会社 大阪市中央区高麗橋
2-1-2

(※)ペットボトルについては指定法人ルート(日本容器包装リサイクル協会)を通さず、独自法人ルート(大島産業株式会社)へ引き渡し、繊維等へ加工されて適正にリサイクルされています。

◆前年度に比べて、ごみ量は125トン増え、リサイクル率は10トン増えています。
ごみの処理には多くの費用がかかっています。
町民の皆さん一人ひとりの心がけでごみは減らせます。

ごみの減量化と分別の徹底にご理解とご協力をよろしくお願いします。

このページに関するお問い合わせ先

住民生活課
電話番号:0770-72-7703
ファックス番号:0770-72-4100
メールアドレス:zyumin@town.takahama.fukui.jp

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。