海辺でまちづくりin高浜 駅舎活用コミュニティ委員会
高浜まちづくりネットワーク
高浜駅駅舎計画について
観光まちづくりワークショップ
まちづくり情報特捜隊
トップページへ リンク 高浜町ホームページへ
駅舎活用コミュニティ委員会について 第1・2回会議のようす 第3・4回会議のようす
第10回会議のようす 高浜駅舎ロゴデザイン決定 高浜駅舎各部屋ロゴデザイン決定
「若狭のごちそう食Tax」のようす        
 第1・2回駅舎活用コミュニティ委員会のようす

第1回委員会:テーブルに分かれて検討を行う様子
 平成17年11月22日に第1回委員会、12月15日に第2回委員会を開催しました。駅舎活用コミュニティ委員会は、本年度3回行われたまちづくりワークショップの結果を受けて、住民参画のもと施設運営を行っていくため、新しくできる高浜駅舎の各部屋の具体的イメージ等を検討しています。これまで毎回約20名の方が参加し、「イベント広場」「高浜市場」「コミュニティキッチン」「情報コーナー」「ギャラリー」「カフェテラス」「多目的室」について、テーブルに分かれて検討を行いました。
  各テーブルでは、利用イメージ・開館時間・利用方法・運営方法・備品等について活発な意見交換が行われ、図面に書き込んだり、表にまとめる作業をみんなで実施しました。


第2回委員会:テーブルでの意見交換の様子
 民宿や飲食店を経験した住民の方等を中心として、カフェテラスの厨房のレイアウトや、加工グループの方を中心に、コミュニティキッチンの備品・配置などを検討しました。
  また各テーブルでは、部屋の利用方法だけでなく、運営方法についても積極的な提案が出ていました。

各部屋について出た主なアイデア
利用について
運営について
イベント広場 ◆住民主体での来訪者をワクワクさせるようなイベント
  利用
  若高OBバンド/和田の尺八/太鼓/屋台
  /中高生パフォーマンス/夏祭り/イルミネーション
  /いつでも使える公園等
◆イベント貸出時間
  10時〜21時
◆利用者の申請手続きの軽減
◆気軽にイベントを開催できる設備
◆備品の予約管理の徹底
◆食べ物を扱う場合の衛生管理
  →保健所の許可などしっかりと
◆利用団体が限定されないような運営方法を考える
◆周囲からの苦情(騒音等)に配慮する
高浜市場 ◆生産者と消費者が交流しあえる場
◆アンテナショップ
◆隠れた物産品の掘り起こし場所
◆生産者の意見(情報)交換の場
◆高浜産限定の産直市場
◆市場販売体験
◆フリーマーケット
◆365日休みなし
◆登録者制度
◆町内の生産者に限る
◆売り上げの15%を運営費とする
◆トレサビリティの実施
◆生産者が販売をになう
◆期間限定の商品(腐らないもの)
◆品物が変わらないとダメ
◆市場の運営組織づくりが必要
コミュニティ
キッチン
◆キッチンとしての有効利用を優先
◆1グループ単位での占有(グループ間の交流の場)
◆料理の伝承(年配者による料理教室)
◆加工許可施設(保健所対応)
◆営業目的の場合午前9時まで、午前9時以降一般利用
◆ゴミは持ち帰る
◆整理整頓は利用者が行う
◆小中学生の利用に関しては、責任者が常駐する
◆半日利用とし、一人100円〜300円まで
◆名称:よろずやキッチン、エプロン大作戦、
      フレンドリーキッチン、もぐもぐゴックン等
情報
コーナー
◆待合室とつなげる(待合室兼情報コーナー)
◆物置を待合室兼情報コーナーへ変更
◆学生がエネルギーを発散でき、イメージが良くなるような場所
カフェテラス・ギャラリー ◆日替わりシェフの店
◆指定管理者の収入源としての機能
◆高浜ブランド確立の場
◆観光協会直営(ふぐ・かに・ビアガーデン等)
◆交流サロン
◆ギャラリーは、カフェテラスの延長でくつろげる場所
◆衛生面の管理
◆調理師免許
◆シェフの日替わり制度
◆まちづくり団体の拠点
多目的室 ◆気軽に使える場(予約も必要なく利用できる等)
◆営利目的でも使える
◆○○教室の開催
◆商業的な部分に特化
  →オールナイト映画、試食会、展示即売会
◆他の公共施設との差別化
  →ここでしか利用できない使い方
◆規約づくり(独占使用の規制)
◆責任者は町内の方に限る

高浜町まちづくり課 All right reserved. (C)